どうしてもモデルになりたい

私の夢は、どうしてもモデルになる事なのです。それは母の夢でもありました。母は若い時、とてもきれいでした。ハーフだと言う事もあって、とても透き通った整った顔をしているのです。そんな母の夢もモデルだったのです。
でもその夢に挫折をして、結婚しました。そして私が生まれたのです。
母は思ったのです。私が娘に生まれた事で、この子を必ずモデルにしようと思ったのでした。だから私はいつも母に言われて太らないように、お菓子を食べませんでした。規則正しい生活もしていました。
きれいな服を着て、スキンケアも母の言う通りにしていたのです。そのおかげで、私は今とてもきれいになれたのです。これも全部母のおかげでもあるのです。そして私も強く思う事がありました。それがモデルになりたいと言う事だったのです。
気が付いたら私はモデルを目指していたのです。いつか必ずモデルとして輝ける日が来ることを、ずっと祈っていたのです。そのためにいくつものオーディションを受けてきました。でもどれも落ちてばかりでした。どのオーディションに行っても、私よりも可愛くてきれいで素敵な子がいっぱいいたのです。その人たちを見ていると、なぜ母がモデルになれなかったのかがわかりました。
世間に出たら、自分よりももっと素敵な人はいっぱいいるのです。だから狭い世間で満足していたらいけないのです。もっと世界に出れるような、そんな素敵なモデルになれるよう頑張ろうと思うのです。